帯札のお祀り方法

帯札のお祀り方法

帯札は、相槌神社の自宅でお祀りする場合に、御神体とするものです。相槌神社の大神様のお力による、守護を祈念してお祀りします。

大神様に対して最も失礼のない丁寧な祭祀の方法は、神棚を設け、神宮大麻と氏神様の御札、相槌神社の帯札の順に重ねて、またはそれぞれの場所へ入れてお祀りする方法です。これは神社本庁のサイトに詳しく記載されておりますので参考にされてください。

お神札のまつり方
お神札ふだのまつり方 日本では古くから、お正月にお迎えする歳神さまをはじめ、台所には竈神さま、井戸に

しかし、賃貸住宅など神棚がないお家も増えてきています。神棚がない場合でも、できるだけ丁寧な方法でお祀りするとよいでしょう。その参考になるように、神棚のない住宅に住んでいる相槌神社のスタッフを例にご紹介します。

・御札をお祀りする位置

帯札などの御札をお祀りする位置は、自分の頭より上になる位置にします。あなたの目線より下に御札があると、大神様を見下ろすようになり、失礼に当たります。

本棚の一番上の棚や上部、タンスの上などが良いでしょう。

スタッフは、下の写真のように本棚の一番上の棚を神棚の代わりにしています。

写真のような宮型(木のお社を模したもの)がない場合も多いです。そのときは、御札を直接お祭りしても問題ありません。

・相槌神社で御札を受けたのが、はじめての場合

神宮大麻(伊勢神宮の御札)と氏神様の御札を3枚あわせてお祀りするのが正式な方法です。しかし、相槌神社の御札1体しかない場合もあると思います。そのようなときは、まず相槌神社の帯札だけでも神棚にお祀りください。

神宮大麻のみ、氏神様の御札のみの場合も同様です。まずは、お祀りください。

・「天」「雲」などの表示について

神棚の上の部分(天井)に、「天」や「雲」と書かれた紙が貼ってあるのを見たことがありませんか? これは、大神様の頭の上にものがないということを具体的に示すものです。

この紙は、貼れるのなら貼ったほうがより良いです。しかし、天井の部材の種類によっては貼れないこともあります。このようなときは、無理に貼る必要はありません。

ただし、お祀りするときに大神様に対して、「ここが一番上です」と手を合わせてご案内ください。

・崇敬神社が多数ある場合(崇敬神社の御札が複数ある場合)

複数の神社でお札をもらったときは、神宮大麻を中心に複数枚お祀りしても問題ありません。以下は、宮司の親戚宅の神棚です。

このように、複数体のお守りをお祀りしても全く問題ありません。

旅行先などの神社で御札を受けられたときは、写真を参考にお祀りしてみてください。

・受けられたお札は

おおむね1年を目安に、交代することが望ましいです。

新しい年を迎えるたび、または自分の誕生月に合わせたり年度に合わせたりして交代しても差し支えありません。

交代しましたら、古いお札は「古札納所」のある神社へお納めください。

※地域によって異なる場合があります。

切札のお祀り方法

切札は、玄関(内側)や部屋の入り口にお祀りください。

悪いものが入ってくるのを防ぎます。神棚を用意する必要はありません。